公立病院の薬剤師の退職金は?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師の退職金は?

公立病院の薬剤師の退職金は?

公立病院で働いている薬剤師の場合も退職金は勤続年数によって変わります。また、退職した理由が自己都合なのか病院都合なのかでも退職金には違いが出てくるでしょう。自己都合による退職の場合、退職金は基本的には減ってしまいますが、早期退職制度による退職の場合は一般的な退職金よりは多くの退職金をもらうことができます。また、公立病院で勤めていた時代の評価も大きく退職金に影響する場合もありますが、病院側が最初の雇用の時点で就業規則として勤続年数のみに準ずる退職金を定めて通告していた場合は、勤続年数だけをベースとした退職金になります。

公立病院の場合、公務員と同じ待遇が保証されているので、退職金は民間病院よりも高く設定されており、勤続年数35年以上の場合、1000万以上の退職金が支払われる決まりとなっています。公立病院に限らず、国や自治体が運営している病院の場合はこの退職金の条件が適用されます。この金額は民間病院に35年勤続した場合の退職金平均よりも200万から300万円程度高い金額です。これに様々な条件が加味されることになります。このように公立病院の場合は、退職金をはじめとしてボーナスも含めた待遇が民間と比べると優遇されている傾向にあります。

また公立の場合は、民間病院と違って経営状況によって大きく退職金が変動するということもないので、退職する際には安定した退職金を得ることが可能になります。お金の面が安定しているというのは、働く側にとっては大きなメリットになるでしょう。これと併せて企業年金としてお金を出していたのであれば、その条件に沿ってお金を受け取ることが可能です。ただ、ほとんどの場合が退職金は3年以上の勤続が最低条件とされていますし、3年以上働いているとしても数年や十数年程度の勤続であればそこまで高額な退職金は見込めません。数年しか勤務していない場合は、公務員扱いの公立病院勤務であっても数十万円程度になるでしょう。

これからの転職を考える際にも、退職金も大切な職場選びの条件になってくることでしょう。転職サイトにも退職金の大まかな金額を載せていることもありますが、求人を出す時点で退職金が明確にされていることは少ないですから、転職エージェントを使って情報を集めることをお勧めします。また、病院に勤めていた人、勤めている人が情報を寄せているサイトもありますから、そちらを確認するのも有効な方法です。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.