公立病院の薬剤師の自己PRは?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師の自己PRは?

公立病院の薬剤師の自己PRは?

公立病院への転職を希望する薬剤師は、筆記試験や論文試験と共に履歴書作成と面接における自己PRについても良く準備しなければなりません。常に募集をかけているドラッグストアや調剤薬局とは違い、数少ない求人に多くの応募者が殺到する公立病院では、この人を雇いたいと思わせるような自己PRを念入りに考えなければならないのです。しかし特に自己アピールが苦手な国民性である日本人にとっては、例え転職の為とはいえどうしても遠慮気味になってしまいます。その結果、「薬剤師としての専門知識を活かし患者さんのお役に立ちたいと思っています」といったような抽象的な内容になってしまいがち。具体的にどのように役に立つのかが全く分かりませんし、そもそも患者さんの役に立つのは病院に勤める薬剤師として当たり前のことですよね。

では公立病院にとって「雇いたい」と思わせるような自己PRとはどんなものなのでしょうか。一言で言えば、他の人とは違う特徴、特技、経験などをピックアップし、尚且つそれが雇う側の病院にとってメリットとなるものであることをアピールするということ。それ故に今後この病院でこのような働き方ができる、あるいはしたいということを伝えることです。

具体的に考えてみましょう。例えば調剤薬局から転職する場合、それまでの1日あたりの処方箋枚数や取り扱った処方箋科目について具体的な数字を伝えます。同時に病院勤務というハードな職種にも耐えられることをアピールする為に、それまでも残業や休日出勤を経験してきたこと、緊急事態にも対処してきたことなども伝えることができます。勿論アピールしたい一心で嘘や誇張を混ぜるのはNG。後ですぐに分かってしまいますし、そうなると一度失った信頼を回復することは非常に難しくなってしまいます。正直に、客観的に過去の経験や自己分析をして、アピールできそうな点を探しましょう。

いずれにしても、大切なのは病院のニーズをきちんと把握し、それに対して自分が貢献できるということをアピールすること。そのためにはその病院に関するリサーチも欠かせません。この点、転職エージェントに依頼すれば、希望する病院の運営方針やニーズなどを教えてもらうこともできますし、自分の今までのキャリアからアピールできる点について気づかせてもらえるかもしれません。転職エージェントはこの点プロですから、自分では思いも付かなかったアピールポイントについて教えてくれるでしょう。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.