公立病院の薬剤師の年収は?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師の年収は?

公立病院の薬剤師の年収は?

薬剤師が希望する転職先の病院の中でも最も多いのが、公立病院でしょう。公立病院とは母体が国や自治体である為、そこで働く薬剤師も公務員ということになります。公務員の安定性や待遇の良さが公立病院を希望する最も大きな理由でしょう。あくまで病院であるため一般の公務員のような土日完全週休二日制、勤務時間は9時〜17時、というわけにはいきませんが、有給休暇は必ず取れますし、残業した場合には必ず残業手当が付きます。出産休暇や育児休暇なども充実していることが多いので、女性にとっては特に魅力的な職場と言えるでしょう。

何より公立病院で働く一番のメリットは、その年収にあると言えます。日本で働く全ての薬剤師の平均月収は約37万円、年収は約533万円であるのに対し、公務員薬剤師の給与は公務員給与規定と医療職俸給表に則り月収約38万円。こう見ると一般と公務員では対して変わらないように感じるかもしれませんが、実際にはこの基本給に扶養手当や住宅手当、地域手当、ボーナスなどが加算される為、年収は約600万〜700万円となり、100万円以上の年収差がでてくるのです。

また公立病院で働く公務員薬剤師と一般の薬剤師とを比較してみると、昇給の面でも大きな違いがあります。民間の病院の場合、初任給それ自体は高額を提示していても、その後何年勤めても昇給しないということが少なくありません。実際、これは多くの薬剤師の悩みの種であって、スキルや経験はアップしているのに正しく評価されていないと感じるようです。その点、公立病院は公務員法に準じ、勤続年数、年齢に応じてほぼ確実に昇給していきます。例えスタートの時点では民間病院の提示する初任給の方が高いように思えても、ある時点で民間病院の給料を上回り、その後どんどんその差が開いていくというわけです。しかも公務員の場合、最終的な退職金もかなり高額になり、2000万〜3000万円が期待できるのです。

このように、年収面で言っても非常に魅力的な公務員薬剤師ですが、公務員という職全体から見るとその数は約0.3%ほどにすぎません。その上前述の通り非常に人気の高い職場であり、しかも離職率も低いため、求人自体が少ない、またあっても1つの求人に沢山の応募者が集まることになり、転職は狭き門となっています。しかしその確率は0%というわけではありませんし、転職エージェントの助けを得ることで転職を成功させた人も少なからずいます。まずは転職エージェントに相談し、どのような可能性があるかを探ってみてはいかがでしょうか。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.