公立病院の薬剤師のやりがいは?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師のやりがいは?

公立病院の薬剤師のやりがいは?

ドラッグストアや調剤薬局など、薬剤師が活躍する場所は多々ありますが、中でも病院勤務は薬剤師本来の仕事のやりがいを感じられる場所として人気があります。他と比べて給料が低い傾向にあるにも関わらず、病院への転職を希望する人が多いのはその証拠と言えるでしょう。更に言えば、国立や公立病院に勤務する場合、民間以上にやりがいがありそれに見合う収入も期待できるため、少ない求人に多くの応募者が殺到するほどの人気です。では病院勤務には具体的にどのようなやりがいを感じることができるのでしょうか。

本来薬剤師とは、医薬品のプロフェッショナルという立場から国民の健康を守る仕事とされています。しかしドラッグストアでは医薬品の取り扱い以上に商品の管理や販促、仕入れなど本来のものではない業務に携わらなければなりません。この点病院勤務は実際に医療現場に身をおき、医師や看護師とのチームを組み、薬剤師という立場から患者の治療に携わることができます。例えば医師の処方する薬を調剤し、時には問題があれば薬の専門科として医師にその旨を伝えることさえあります。また調剤した薬に関して患者に服薬指導をし、その経過を間近で見守ることができます。自分が調剤した薬が患者を回復に向かわせているのを見ることができるわけですから、これ以上のやりがいはないと言えるでしょう。また大学病院などでは医薬品の処方方法、反応など薬学研究も平衡して行われるため、学術的な面でもスキルと経験を積んでいくことができます。

更に公立病院の場合、民間以上に大きなやりがいを感じることができます。というのも、公立病院はその地域内で中核を成す医療機関として機能しているからです。従ってその地域における重症患者や救急患者を相手にすることになり、より高度な薬学知識と判断力が求められることになるわけですが、それだけに患者さんの命を救うことができた時、患者さんやその家族から深く感謝された時には、何物にも換え難いやりがいを感じるのです。

このように、他のドラッグストアや調剤薬局などと比べるとやりがいの多い病院勤務ですが、じかに患者さんの命に関係する仕事になるため、それだけより重い責任を負うことになります。民間病院の場合その責任に見合うだけの給料が望めない点が不満の原因となるようですが、この点公立病院では安定性と福利厚生の充実、そして高収入が望めるため、そのやりがいと相まって、前述の通り非常に競争率の高い職場になるのです。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.