公立病院の薬剤師の履歴書は?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師の履歴書は?

公立病院の薬剤師の履歴書は?

公立病院を含めて病院で薬剤師が採用されるまでのプロセスは病院の機構や母体ごとに違いがあります。履歴書と併せて職務経歴書を提出するところから始まり、論文を含めた筆記試験や何段階に分けて行われる面接など様々なプロセスがあります。履歴書はその関門の第一歩であり、この履歴書をきちんと作成しないことには第一関門を突破することができません。面接でアピールをすることを何よりも大切に考えている人もいますが、まずは履歴書で自分の今までの経歴や自己アピールをしっかりと書き、その先につなげていくことが大切です。

公立病院は常に募集をかけているわけではないので、募集があった際にはたくさんの応募者があります。その中で、「この人を採用したい」、「この人と会って話をしてみたい」と思ってもらうことが大切です。ただ、自分の今までの経歴や自己アピールをできるだけ書き上げればいいというものではなく、相手にとって読みやすい内容であることも大切なポイントです。理路整然と必要なことを書くように心がけましょう。「薬剤師として人のために働きたい」というような内容は薬剤師の心がけとしてはとても大切ですが、それだけでは漠然としすぎて病院側に興味を持ってもらうことはとても難しくなってしまいます。

そうではなく、応募する公立病院にとってどのような人材を雇うことにメリットがあるのかをしっかりと考えてみてください。特に今まで働いていた職場での経験を活かした内容をかけるといいでしょう。前職が公立病院ではなかった場合でも、薬剤師としての仕事には様々な共通点があるはずです。あなたが今まで経験してきたことを今一度細かく思い出してみて、それらの中から病院が求めているであろう人材像に近いものを書いてみましょう。

経験の中から思いつかない場合は、自分の性格や特徴から考えてみてもいいでしょう。しかし、ニーズに合わせることばかりを意識して嘘や大げさな表現をしないよう注意してください。病院がどのような人材を求めているか、どのような方針で運営しているのかを知るためには事前にしっかり調査を行うことが必要です。実際に病院に足を運んでみるのもいいですし、病院関係者がいるのであれば直接話を聞いてみるのもいいでしょう。拾い上げる情報の選択を正しく行えるのであればネットも有効な情報源です。転職サイトや転職エージェントも病院の情報を持っていますから、積極的に活用してください。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.