公立病院の薬剤師の求人倍率は?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師の求人倍率は?

公立病院の薬剤師の求人倍率は?

薬剤師が活躍する職場の中でも最も高収入が期待できるのは製薬会社などの企業で、逆に病院は年収面ではほとんど期待できない職場と言われています。それにも関わらず病院を転職先として選ぶ人が多いのは、患者さんと向き合いながら薬剤師本来の仕事ができるということやスキルアップが望めることなどが理由となっているようです。その上国立や公立病院の場合、問題の収入面でも他の職場に劣ることがなく、しかも安定性や福利厚生の充実なども考え合わせると、誰しもが国立・公立病院に転職したいと思うのは当然のことです。

その為、他の職場と比べると公立病院の競争率は非常に高くなってしまうのは避け得ないことです。一般的に薬剤師の求人数は安定しており、全体平均倍率は3〜5倍、これは他の職種と比べても非常に低い数値となっているのですが、こと国立・公立病院に関しては10倍を超えることも珍しくありません。そもそも公立に限らず病院は一定数の退職者見込みがでた場合にのみ求人をかける上、その数少ない機会には新卒者を優遇する傾向にあります。その上公立病院に就職した薬剤師はなかなか離職することがなく最後まで勤め上げることが多いため、なかなか空きがでないのが現状です。従って転職希望者が公立病院の採用に受かる可能性は非常に厳しいものになっていると言わざるをえません。

しかし非常に厳しいとはいえ、可能性がないわけではありません。薬局やドラッグストアなどから公立病院への転勤を成功させた人も少なからずおり、彼らの多くは薬剤師専門の転職サイトを利用しています。転職サイトを利用すれば、非公開の求人情報も閲覧できるというだけではありません。転職エージェントたちは病院が求めている人材がどのようなものかを把握しており、それにマッチする人がいれば積極的に紹介、転職達成までを後押ししてくれます。逆に求職者の希望を聞き、それに合った病院を紹介、サポートすることにも長けているため、時には予想外の職場が意外にも自分の希望に合っていた、と気づかされることさえあります。また薬剤師転職のプロによるカウンセリングで自分では気づかなかった自分だけの強みが見つかり、狭き門となっている病院転職成功に活かされたという経験者も少なくありません。

薬剤師専門の転職サイトは幾つかありますが、中でも病院に強いとされているサイトを利用しましょう。それだけ病院や医師たちの信頼を得ている人材紹介会社ということになりますから、扱う求人情報数もその質も他と比べて圧倒的に有利になると考えられます。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.