公立病院の薬剤師の志望動機は?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師の志望動機は?

公立病院の薬剤師の志望動機は?

民間・公立に関わらず、薬剤師が病院で働く為には必ず面接を受けることになります。他の調剤薬局などの職場とは異なり、病院で働く薬剤師は直接患者さんや医師・看護師などの医療スタッフとコミュニケーションを取る必要があるため、面接ではその適正や人柄が見られると共に、その志望動機や希望についても確認されることになります。と言っても人柄や適正については面接の為に準備するというよりは、普段の心がけが反映されることですから、あとはそれをどのようにアピールするかという問題でしょう。

それに対し、志望動機に関しては面接前に入念に準備するかどうかが鍵となります。勿論「公立病院はお給料が良いから」というのが正直な気持ちであっても、まさかそれを面接時に言うわけには行きませんよね。また実際、それだけが動機ではない人が殆どだと思います。では志望動機について話すために、どのように準備をすれば良いのでしょうか。

大切なのは、同じ公立病院でも何故その病院を選んだのかということを説明することです。その病院の経営理念や診療方針、固有の治療法などに注目し、それらに自分の薬剤師としての理念がマッチすることや強い関心を持っていること、自分がそれに関して薬剤師として貢献できること、そのチームの一員として働きたいことなどをアピールするのです。特に他の病院と比較して、志望する病院にしかない特徴を挙げましょう。このような志望動機であれば、面接官としてもその病院を選んだ理由についてハッキリと理解できますし、その病院で働きたいという強い熱意を感じ取ることができます。

このような志望動機について語るためには、当然予め志望する病院をしっかりとリサーチしておく必要があります。多くの公立病院ではホームページを開設しており、その中で基本的な経営理念や診療方針などが公開されていますし、病院案内のパンフレットにも紹介されているはずです。それらのツールを利用して共感できる部分をリサーチし、自分の薬剤師としての理念や役割にどのようにマッチするかを考えましょう。また転職エージェントに相談することでその病院と自分とのマッチングを新たに発見することができるかもしれません。また転職エージェント固有の情報網から、他では公開されていないその病院の経営状態や将来的なビジョンなどを教えてもらえる可能性もあります。志望動機を含め、面接対策に関しては全面的にエージェントに頼ることができるでしょう。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.