公立病院の薬剤師のメリットは?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師のメリットは?

公立病院の薬剤師のメリットは?

公立病院で病院薬剤師として働くうえでの一番のメリットは、チーム医療の一員として患者さんの病症改善に向けて携わっていけることです。病院の最前線で働けることも多く、実際に「患者さんの治療に貢献している」という気持ちにもなりやすいですし、やりがいのある仕事と感じている病院薬剤師は多いです。

中でも公立病院の病院薬剤師というのは、重度の患者さんや緊急性の高い患者さんと接する可能性が高くなります。公立病院とはその病院のエリア内でコアとして医療を行っていく病院となり、専門性が必要だったり、難しい状態の患者さんが搬送されることもよくあります。その中でその場に応じて臨機応変に対応していくことで、自分の経験を積んでいくことができますから、薬剤師としてスキルアップが図れる現場でもあります。プレッシャーがある現場ではありますが、様々な薬を使用することを想定しながら、ベストのものを処方・投薬していくという部分に多くの公立病院で働く薬剤師がやりがいを感じています。

もちろん配属される科によっては重度の患者さんや緊急性の高い患者さんとかかわらないこともありますが、患者さんと接することに変わりはありません。患者さんに重度や緊急性がない科の場合、既に病状が安定している患者さんや、終末期医療を受けるために入院している患者さんとかかわっていくことになります。病状が安定している患者さんに関しては処方する薬の種類を頻繁に変えていく必要性はありませんが、その人が一日でも早く回復し日常生活をするお手伝いを側ですることができます。薬剤師としての醍醐味は感じづらいかもしれませんが、患者さんと向き合っていくことに意義を感じる人も多いです。

終末期医療に関しては、治療を目的とするのではなく、痛みの緩和を行うことを第一優先に行っていきます。患者さんの痛みを少しでも取り除いてあげるために、処方する薬を変えたり、気持ちに寄り添ってあげる必要があります。病気を治すことを目的としてはいないため、やるせなさを感じてしまう人もいるようですが、一人一人の人生の最後をより有意義なものにしていくお手伝いをすることにやりがいを感じている人もいます。公立病院には様々な患者さんがいるため、その他の医療機関ではできない多くの経験を積むことができます。豊富な経験を身に着けることができること、そして薬剤師としての自分をステップアップさせることができるのが、公立病院の薬剤師として働く一番のメリットになります。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.