公立病院の薬剤師の面接対策は?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師の面接対策は?

公立病院の薬剤師の面接対策は?

公立病院に限らず病院に薬剤師として転職を行う際、一番大切なのは面接のプロセスです。履歴書はほとんどの人が似たような内容になることが多いですし、筆記試験はそこまで重視されないことが多く、採用する側が実際に会ってあなたの人となりや、仕事に対する姿勢や考え方を知る機会であるため、面接に対してしっかりと準備して確実に押さえていくことが大切です。

いくら薬剤師としての知識や経験を持っていたとしても面接の場でそれを発揮できなければ採用側にいい印象を与えたり、あなたを欲しいと思ってもらうことはできません。自己紹介や自己アピール、志望動機はあなたを印象付けるためにしっかり内容を練っておく必要があります。しかし、ネットでの回答例や面接対策本に載っているようなことを話しても印象に残ることはありません。自分の経験や今まで仕事をするうえで感じてきたことなどを盛り込んだ内容にすると、あなた独自の自己紹介、自己アピール、志望動機になります。熱意があればあるほど、伝えたいことは多くなってくるものですが、相手に伝わりやすいような内容にしておくことも大切です。だらだらと喋りすぎるのではなく、要点をまとめ、あなたが一番伝えたいことを伝えるようにしましょう。

公立病院は民間病院や大学病院と比べると、仕事に関する考え方や医療上の倫理観などについて問われることが多くなります。公立病院というのはエリア内で中核的な役割をすることが多いですし、公務員として扱われることが多いのでその点は重要視されているのです。また重篤な患者さんや救急の患者さんが運ばれてきたり、常時入院していることが多いので、知識や専門性、チームの一員として働ける能力なども重視されます。個人としての薬剤師としての在り方だけでなく、病院で働く一員としての仕事の在り方を今一度考えてみましょう。

知識や能力を見るためにも、今までの経験や大学で学んだことまでさかのぼって質問を受けることも珍しくはありません。今までの自分の経歴やどのような環境・状況でどのような患者さんに対して仕事をしてきたのか整理しておきましょう。整理する中で思い出していくこともありますから、それらを自己アピールや自己紹介、志望動機の軸になるエピソードとして使うことも可能です。公立病院の場合は、大きなツテがある場合を除き、数回の面接を受けることになります。緊張もしてしまうはずですが、すべての面接で一貫性を持った発言ができるようにしておきましょう。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.