公立病院の薬剤師の将来性は?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師の将来性は?

公立病院の薬剤師の将来性は?

かつては4年生だった薬学部課程が6年生へと変更されたのが2006年のこと。それに伴い実質2年間の新卒空白期間ができ、空前の薬剤師売り手市場が起こりました。この時期に就職・転職活動をした人はまさに引く手あまたを経験したはず。病院を含め多くの職場から好条件を提示された人も少なくないでしょう。しかしこれはあくまでも2年間という限られた期間によるもの。むしろこれによる薬剤師ブームに乗って、全国で薬科大学や既存の大学に新たに薬学部が設立され、薬学生が急増することとなり、供給過剰が懸念されるようになりました。このような状況の中で、果たして公立病院で働く薬剤師にはどのような将来性が考えられるのでしょうか。

まず全体の今後の見通しとしては、高齢化社会が続くこと、また調剤室を併設するドラッグストアが急増しているという面から、その需要は今後まだまだ続くのではないかと見られています。最近ではコンビニに調剤薬局が併設されたことも話題になりましたね。更に言えば、供給過多が懸念されるのは都市部だけで、地方ではむしろ人材不足が続くとも考えられます。例えばかつて司法試験制度改革のために弁護士が供給過多になるのではないかと懸念されましたが、実際には首都圏以外の地方では未だに弁護士不足が叫ばれているのと同じです。

更に病院勤務に的を絞って考えてみましょう。かつて薬剤師は保険点数をあまり稼ぐことができなかったため、経費削減に努める病院では医師や看護師より薬剤師をリストラする傾向がみられましたが、2012年の診療報酬制度の改正により、病棟薬剤師業務実施加点が認められたため、以前のようなリストラの不安はかなりの程度軽減されました。加えて副作用管理のために問診など患者さんと直接やり取りする機会が出来たため、より医療現場に近い場所で働くことで高いスキルを磨くことができると考えられています。特に規模の大きい大学病院などの公立病院では、新薬の治験や新しい治療法への取り組みなど、他の病院では経験できない仕事を通して幅広く奥の深いスキルを身につけることができることから、そのキャリアは高く評価されています。

従って、病院、特に公立病院で働く薬剤師の将来性は、今後も明るい見通しとなるようです。基本的に安定しており定年まで勤め上げることが可能な職場であることに加え、万が一何らかの理由で離職したとしてもそのキャリアによって新たな転職先を見つけることはそう難しいことではないと考えられるのです。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.