公立病院の薬剤師のデメリットは?

公立病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 公立病院の薬剤師のデメリットは?

公立病院の薬剤師のデメリットは?

公立病院で薬剤師として働くうえでのデメリットもいくつかあります。まず一つ目として、給与の安さが挙げられるでしょう。公立病院の薬剤師は、スタートの時点での給与は一般的な初任給と比べるとそれほど安いものではありません。薬剤師として働く場合、他に調剤薬局やドラッグストアなどの環境がありますが、それらと比べても公立病院の薬剤師の給与はどうしても低くなってしまいます。もちろん給与は地域性もありますが、初任給から大幅にアップすることも少なく、特に地方の公立病院になればなるほど給与は低めです。

それから、公立病院というのは慢性的な薬剤師不足に悩まされている場合が多いです。もし薬剤師のうち一人が何らかの理由で辞めたとしても、病院側はすぐさま人員確保を行うわけではありません。人手が足らないということは、在籍している薬剤師一人当たりの仕事量は必然的に増えてしまいます。

また、公立病院の場合は軽度の病気から重度の病気、救急の患者さんまでそれぞれが持つ病状は多岐に渡っています。それらの患者さんすべてに対応するためには、しっかりとした知識が必要になります。勤務時間を終えても、これらの勉強に時間を費やすあまり、自分の時間をとれないという人も大勢います。休みや手当などは、エリアの見本的な病院として存在している公立病院の場合、国が定めている規制を守る必要がありますから、民間企業同様に休みをもらい手当をもらうこともできます。しかし、休日であっても人手が不足していれば働かなくてはいけません。いくら手当をもらえるとしても、あまりにも多い休日出勤や当直が課されてはプライベートの時間を確保できないという人もいますし、体調管理が難しくなってしまう人もいます。

そして最後に紹介するデメリットは、チーム医療の一員として働くため、医師やナースとの人間関係に悩まされる人が非常に多くいるという点です。チーム医療の場合、それぞれの立場は公平であるべきですが、どうしてもそうもいかなくなることもあります。薬剤師としての意見をないがしろにされたり、不公平に扱われたりして、現状に不満を抱く人もいます。それがストレスとなって薬剤師をやめてしまう人もいるほどです。公立病院で薬剤師をする上でもちろんメリットもありますが、デメリットも必ずあります。自分が理想とする働きかた、仕事に対する考えができる限り維持できるかということを大切に、転職先選びを行いましょう。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.