公立病院の薬剤師求人ガイド

公立病院の薬剤師として転職するなら

安定性が高く働きやすい職場として人気の公立病院は、薬剤師求人としてはかなり求人倍率が高く狭き門になっています。公立病院への転職を視野に入れる場合は転職サイトを活用してしっかり準備しましよう。

リクナビ薬剤師では公立病院の薬剤師求人もしっかりカバーしていますので、まずはここから転職活動をスタートさせるのが転職成功への近道になるでしょう。

公立病院薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
人材派遣の最大手・リクルートグループが運営する薬剤師専用人材紹介会社だから安心!
非公開求人の数はなんと3万5000件以上!これは取り扱い求人の75%にあたります。
■スカウト登録しておくと、思ってもみなかった公立病院から逆指名の可能性もアリ!



m3.com Pharmacist ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
日本全国のキャリアコンサルタント企業17社と提携。各社を比較検討することができます。
提携キャリアコンサルタント会社17社全ての薬剤師求人を一括検索できます!
転職エージェントのプロフィールや担当先を掲載。気に入ったエージェントを自分で選べる。



マイナビ薬剤師 ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
■厚生労働大臣許可の薬剤師専門転職支援サイトだから、費用は一切無料!安心感も違います。
最短なんと1週間で転職成功という実力!スピード転職ではキャリアコンサルタント業界随一です。
■「公立病院・小児科」など細かい絞込み条件も充実!年収や勤務時間などからも検索可能!



ヤクジョ ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
全国規模の求人情報が毎日更新。見つけるのが難しい公立病院求人が見つかる可能性もあり。
■一人ひとりに合わせた丁寧なコンサルティングで、転職達成までをしっかりサポート!
転職後の離職率は1%未満!転職希望者と求人先とのマッチングの高さで有名なサイトです。



ファルマスタッフ ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
調剤業界トップクラス・日本調剤グループによる運営だからこその豊富な求人情報網!
■求人先には専任エージェントが必ず訪問、職場の雰囲気や経営状態などもチェック済み。
■丁寧な無料カウンセリングで、一人ひとりにマッチングする最適な求人を紹介。



公立病院で薬剤師が求人を探すには?

病院への転職を考えている薬剤師にとって、公立病院という職場は非常に魅力的で人気の高いところです。公立病院とは国や自治体が運営している病院ですから、そこで働く薬剤師も公務員ということになります。公務員には国家公務員と地方公務員とがありますが、国家公務員として働くのは厚生労働省などの省庁で国の薬事行政に関わる仕事や麻薬取締りなどの仕事をする薬剤師のことで、公立病院で働く薬剤師は地方公務員ということになります。従って地方公務員の試験を受けて合格する必要があるのですが、自治体や病院によっては公務員試験を不要としているところもあるようですから、この点は確認が必要でしょう。

このように公立病院で働く薬剤師には民間病院のそれ以上に努力が求められることになりますが、それに見合うだけのメリットがあります。収入面での良さは勿論のこと、他の条件や福利厚生なども公務員法に準じたものとなりますから、民間にはない待遇のよさが期待できます。例えば有給休暇は必ず取れますし、残業した場合には必ず残業手当が付いたり、また定期的な昇給や各種の手当、退職金に関しても一般より高い金額が望めるでしょう。

このように待遇が良い職場ですから、競争率が高くのなるのは避け得ないことです。従って公立病院への転職は求人情報をいちはやくキャッチすることがポイントになります。一番確実な方法は、自治体に問い合わせてみることでしょう。ホームページをチェックするという方法もありますね。ただしホームページは常に最新情報に更新されているとは限らないので直接問い合わせる方が良いかも知れません。ただしこの方法では全国全ての求人情報を集めることはできませんね。既にある程度希望する病院が決まっている場合に利用できる方法です。

では全国の求人情報を集めるにはどうすれば良いか。ハローワークで探すという方法もありますが、ハローワークのような公開求人では既に応募者が殺到しているという可能性もあります。そこでお勧めなのは転職サービスサイトを利用するということ。病院の中にはハローワークなどの公開求人ではなく、転職サイトに依頼することで非公開に、質の良い薬剤師だけに的を絞って募集しているところがあります。従って転職サイトに登録すればそれら非公開の求人を閲覧できるようになりますし、実際に転職できるまでエージェントからのサポートを受けることもできるようになるのです。それでいて全て無料で受けられるサービスですから、これは利用しない手はありませんね。


Copyright (C) 2015-2017 公立病院の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.